マックで使える製品の紹介:ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH

ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
Mac product review

ここ1年に新しいMacを購入した人の中には、きっと最近のアップル社製の標準マウスあるいはキーボード(又は両方?)に満足していない人がいるでしょう。このブログでも何度か取り上げている話題ですが、アップル社製のアルミニウム・キーボード「Apple Wireless keyboard」の問題点を簡単に挙げると、

  • テンキーがない
  • Delete、Home, End、Page up、Page down キーがない
  • Bluetoothが原因で電池の消費が早い
  • などとなります。3番目の電池の消費は何の話かというと、Macを2台以上使っている場合、Bluetoothを通して電力の消費が高まることです。ちなみに自分のMagic Mouseにいれた新品の電池は2週間しか持ちませんでした。キーボードの電池は2ヶ月でなくなりました。

    アップル社製ワイヤレス・キーボードが使えないなら、じゃあ他に代わるキーボードがあるのか、と考えると、マック・ユーザーにはあまり選択の余地がありませんね。もちろんアップル社から直接テンキー付きキーボードを購入するという手段はあります。また以前紹介したサンワサプライのMac用キーボード(SKB-MAC1)もかなり手頃な値段で手に入れることができます。他にエレコムからもマックで使えるワイヤレス・キーボードがありみたいです。

    ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
    写真1: 資料元 – マックハウス

    さて話題をちょっと変え、前回のマウスパッド紹介の記事にもある通り、先日近くのヤマダ電機に行ってきました。主な目的はマウスパッドを自分の目で選んで買うことでした。ちょっと左隣りのコーナーに目をそらすと色々なキーボードが並んでいました。好奇心にかられ、PC用のキーボーをちょっと見てみようと思いました。その時に目に入ったのが、何とMac OSのシンボルです。(写真1参照)たったの1,480円?キーの配列を確認した後、このマックでも使えるPC用キーボードを買いました。そう、今回紹介するのはロジクールClassic Keyboard 200で、製品番号はiK-21WHです。ちなみに、接続はUSB経由です。   Continue reading