マックで使える製品の紹介:ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH

ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
Mac product review






ここ1年に新しいMacを購入した人の中には、きっと最近のアップル社製の標準マウスあるいはキーボード(又は両方?)に満足していない人がいるでしょう。このブログでも何度か取り上げている話題ですが、アップル社製のアルミニウム・キーボード「Apple Wireless keyboard」の問題点を簡単に挙げると、





  • テンキーがない
  • Delete、Home, End、Page up、Page down キーがない
  • Bluetoothが原因で電池の消費が早い





  • などとなります。3番目の電池の消費は何の話かというと、Macを2台以上使っている場合、Bluetoothを通して電力の消費が高まることです。ちなみに自分のMagic Mouseにいれた新品の電池は2週間しか持ちませんでした。キーボードの電池は2ヶ月でなくなりました。

    アップル社製ワイヤレス・キーボードが使えないなら、じゃあ他に代わるキーボードがあるのか、と考えると、マック・ユーザーにはあまり選択の余地がありませんね。もちろんアップル社から直接テンキー付きキーボードを購入するという手段はあります。また以前紹介したサンワサプライのMac用キーボード(SKB-MAC1)もかなり手頃な値段で手に入れることができます。他にエレコムからもマックで使えるワイヤレス・キーボードがありみたいです。





    ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
    写真1: 資料元 – マックハウス






    さて話題をちょっと変え、前回のマウスパッド紹介の記事にもある通り、先日近くのヤマダ電機に行ってきました。主な目的はマウスパッドを自分の目で選んで買うことでした。ちょっと左隣りのコーナーに目をそらすと色々なキーボードが並んでいました。好奇心にかられ、PC用のキーボーをちょっと見てみようと思いました。その時に目に入ったのが、何とMac OSのシンボルです。(写真1参照)たったの1,480円?キーの配列を確認した後、このマックでも使えるPC用キーボードを買いました。そう、今回紹介するのはロジクールClassic Keyboard 200で、製品番号はiK-21WHです。ちなみに、接続はUSB経由です。  





    ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
    写真2: 資料元 – マックハウス






    早速箱を開けてみると、本体、取り扱い説明書そして保証書が入っているのがわかります。(写真2参照)上記にもあるように、箱にはMac OSのシンボルが記してあるものの、取り扱い説明書にはMacには関する記述は全くなく、文末にただ「Macintosh、Mac OS は米国 Apple Computer 社の登録商標です。」と書かれているだけです。





    ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
    写真3: 資料元 – マックハウス






    まずデスクトップ上での動作の話をする前にこのキーボードの大きさを確認しておきましょう。幅が定規で測ると大体440mmあり、縦は大体165mmです。数字を言ってもぱっとしないので、他のキーボードと確認してみました。写真3では最近のアップル製のキーボードと比較しています。1番上のものが2010年版Apple Wireless Keyboard、2番目が2008年版のテンキー付きJISキーボードとなります。また写真4ではこの製品を以前紹介したサンワサプライのMac用キーボードと比較しています。まあ、幅は一般的で縦の寸法が少しあるといったところでしょうか。更に、裏にある足を立てると、最大で高さは35mmぐらいになります。





    ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
    写真4: 資料元 – マックハウス






    さて、実際にiMac Quad Core(Mac OS 10.6.4)にUSBケーブル経由で繋いでみると、キーボードをすぐに使うことができます。ただキーボード上にある全てのキーがMac OSで問題なく使えるわけではありません。写真5でキーの配列を確認することができますが、変換キーを使うことはできません。(Xのついているキーは使えない)箱の裏に「ソフトウェアのインストール不要」と書かれていますが、この説明をどう捉えたらいいでしょうか?面倒がかからないという解釈もでければ、相手側がソフトウェアをわざわざつくりたくない、という意味にも捉えることができます。ロジクールがこのキーボード用のソフトウェアを提供してくれないため、キーボード上から英数字・日本語の切り替えをすることはできません。つまり、必要な度にメニューバーまでマウスポインターを持っていって、そこから字体を選ぶことになります。





    ロジクール Classic Keyboard 200 iK-21WH
    写真5: 資料元 – マックハウス






    またApple Wireless keyboardへの不満としてテンキーのないことの他にUSBハブのないことを悔やむ人も結構いるようですが、このキーボードにもUSBハブはついていません。キーボードの両側にUSB接続があるとデジタル・カメラへの接続やSD/SDHCを使うのにもとても重宝するのですが、残念。キーボードの値段からしてUSBハブがついていないのがわかってしまいます。

    今までこのキーボードの短所を2点挙げましたが、今度はこのキーボードを使う上での長所を考えてみましょう。まず何と言っても、Apple Wireless keyboardにはないテンキーがこのキーボードにはあることですね。更にテンキーの左には独立してHome, Delete、End、PageUp、PageDownなどのキーがあります。「独立して」という表現に注意してください。以前紹介したサンワサプライのMac用キーボードではこれらのキーが他のものと一緒になって配列されていました。方向キーも他のものとは独立していないため、それを右手で選ぶのが難しくなっています。更に、サンワサプライのMac用キーボードではCommand、Control、Optionキーの大きさが他のものと変わらないため、使い難い、ということを以前書きました。このキーボードではそれらの特別なキーを左手でより選択し易くなっています。

    更にこのキーボードに関して1つうれしいことは、近くのコンピュータ専門店で買うことができるかもしれないことです。「マック用キーボード」でインターネットを検索すればきっとその話題を扱う幾つかのウェブサイトを見つけることができるでしょう。でもキーの配列を確認できるほどの大きい写真を掲載するウェブサイトはあまりないようです。結局、インターネットで物を買うと、店の人に話を聞くことができないし、自分の知りたい情報が全て得られるとは限らず、無駄な買い物をしてしまうことがあります。その点、マックで使えるキーボードがついに近所の店で売っているなんて、そごいと思いませんか?箱に書いてある製品の説明を読むことはできるし、もしかするとサンプル品がかざってあるかもしれないし、ロジクールにお礼を言いたいぐらいです。

    さて、最後にまとめると、このキーボードをどう評価するかはどのようなキーボードが必要かによると思います。自分自身にとっては評価は3というよりは4です。何故かというと、日本語を入力する機会は殆どないからです。日本語を入力する必要があるなら他のマックでやります。USBハブ。。。あれば嬉しいけど。。。でも今のとこの自分のiMac Quad Coreにどうしても必要だとは言えないな〜。一方で1,000円余分に払った結果付けてくれるなら、もちろん1,000円払っちゃいます。一方、漢字・ひらがな・カタカナと英数字の切り替えを頻繁にする人はこのキーボードを避けた方がいいかもしれないですね。






    長所: 近くにコンピュータ専門店があれば自分の目でこの製品を見ることができるかも。方向キー群、テンキーが独立しているのでそれらを選び易い。

    短所: 変換キーが使えないので、キーボード上で字体の切り替えをすることができない。USB接続ではあるものの、USBハブはついていない。キーの表面が少しザラザラしている。「J」の凸が少し小さいので、右の人差し指でこのキーを見つけるのに多少苦労するかも。

    意見:マック用ソフトを開発している自分のような者達にとってテンキー・第2Deleteキーは不可欠で、このキーボードがこの値段で手に入れられるのは夢見たい。それも近くの店で売っているなんて。でも日本語入力を頻繁にする方にはあまりお薦めはできません。ロジクールさんへ:USBハブを付けてくれたら評価を3から4にあげます。





  • 製品名: Classic Keyboard 200(iK-21WH)
  • 製造元: 株式会社ロジクール (www.logicool.co.jp)
  • 製造地: 中国
  • 保証: 3年間無償保証
  • 店頭販売価格: 消費税込みで 1,480円前後
  • 対応機種: Mac OS X 10.4、10.5、10.6





  • 関連資料

    マックで使える製品の紹介:サンワサプライ Mac用キーボード SKB-MAC1






    * ここで紹介する製品はマックハウスが独自で購入したものです。ここで紹介することに対する見返りはどなたからも受けていません。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Notify me of followup comments via e-mail. You can also subscribe without commenting.