Tag Archives: IEEE 1394

マックで使える製品の紹介:サンワサプライ IEEE 1394b ケーブル(KE-B9603W)

マックに関して言えば、外付けハードディスク・ドライブの接続方で多いのがIEEE 1394です。ご存知でしょうが、FireWireというのは当初Apple社が開発した規格がIEEEに採用されたものです。またSonyは独自にこれをi.LINKと呼んでいるようですね。現在Apple社がマック上で採用している規格はIEEE 1394a(400Mbps、6ピン)とIEEE 1394b(800Mbps、9ピン)です。(それぞれ写真1・2を参照)またIEEE 1394とある場合は、通常IEEE 1394aを指します。2005年iSightなしのiMacはIEEE 1394aのコネクタを2機装備し、2008年春のiMacはIEEE 1394aとIEEE 1394bのコネクタをそれぞれ1機ずつ装備しています。そして2009年秋に登場したiMacからはIEEE 1394aのコネクタが1機となっています。恐らく、外付けハードディスク・ドライブの接続で今でも一番多く使われているのはIEEE 1394aではないでしょうか。しかしここ最近登場したiMac(2010年6月)もIEEE 1394bのコネクタを1機しか装備しないものなので、IEEE 1394aのコネクタしかない周辺機器をどう使うかがこれから課題となりそうです。 写真1: 資料元 – マックハウス   写真2: 資料元 – マックハウス そこで今回紹介するのがサンワサプライのIEEE 1394ケーブルです。(写真3・4を参照)具体的に、片方の端子がIEEE 1394aの6ピンでもう一方がIEEE 1394bの9ピンです。つまり、6ピンの方を周辺機器に接続し、9ピンの方をマックに繋げよう、という計らいです。マックハウスが購入した製品の品番はKE-B9603Wで、この品番の最後の2文字に注意してください。購入時は全く注意していませんでした。「03W」というのは長さが30センチの製品で、サンワサプライのウェブサイトによると、それ以外に1メートル(KE-B961W)、2メートル(KE-B962W)そして4.5メートル(KE-B964W)のケーブルもあるようです。購入した数日後、いざ写真を撮ろうと思った時までケーブルの長さのことが全く頭にありませんでした。30センチだとわかった時は、「しまった!」とちょっと考えてしまいました。 

Posted in Apple & Mac | Tagged , | Leave a comment