What’s Coming Up Next? – MacHouse Introducing FontsView2 for Mac OS X

Mac software FontsView2

TOKYO (MacHouse) – Several hours ago, we managed to submit the fifth software title of the month to Mac App Store. This new release is called FontsView2. FontsView2 is an updated version, Version 2, of FontsView that has been developed from scratch with Objective-C.

Mac software FontsView2   Mac software FontsView2

FontsView2 is a desktop application designed such that the user can pick the best font for a particular text string. You can add your best candidates to the Favorite font list for quick access. You quit the application, and FontsView2 will of course restore the list whenever you launch it again.  

Mac software FontsView2   Mac software FontsView2

What’s new

  1. Previously, Favorite font list came as a separate window panel. Now, it appears as a popover window. Click on the Show button at the bottom-left corner of the application window.
  2. Highlighting fonts: Select a font and click on the Hightlight toolbar button to mark it. And the selected font name will appear in blue.
  3. Background display colors: Previously, the background pattern of the text display panel was checkerboard. You can now pick one of seven solid colors as a background pattern on top of checkerboard.
  4. Save text as PNG: You can save text with the selection of font as a PNG image.
  5. Printing text with all available fonts: Previously, you were able to export an HTML file showing styled text with all available fonts. This feature is deprecated. Instead, you can choose Print Text With All Fonts under File to print out text or save text with all available fonts as a PDF document.
  6. Show styled text in a separate window: Clicking on the Show in text button at the bottom-right corner, you can display styled text in a separate window.
  7. Compare fonts: It’s a feature that is available with the iPad version of FontsView. Choose one or more fonts, and FontsView2 will list styled text with them in a separate window. In this manner, you can compare different font styles of text side by side.
  8. Undo/Redo changes: NSUndoManager oversees undorable property changes such as text color, text size, text string, even font selection and background pattern selection.

Available at Mac App Store
Mac App Store


  1. Save styled text as PNG.
  2. Save the entire font list as XML.
  3. Save the favorite font list as XML.
  4. Print out styled text with different fonts or save the print out as a PDF document.
  5. Add important fonts to Favorite font list, which appears as a popover window.
  6. Highlight important fonts.
  7. Choose one of 8 background pattherns.
  8. Undo/Redo changes for such properties as text, font selection, font color, font size, background pattern selection.
  9. Set a font color with a hexadecimal color value.
  10. Show styled text as rich text in a separate window.
  11. Compare styled text for different fonts side by side in a separate window.
  12. Language: English only.
  13. The application supports the Retina display.
  14. Application file size: 1.6 MB
  15. The application comes with a complete user’s guide written in English. (Choose Help > User’s Guide.)

System requirements

  1. Mac OS X 10.7 Lion or higher (compatible with Mac OS X 10.9 Mavericks)
  2. 64-bit system


  1. The maximum text size allowed is 999 1024 points. The minimum is 8 6 1 points.
  2. The user can undo/redo changes only on the main application window and not on the Preferences window or when they are prompted with an input box.


  1. The application no longer allows the user to save styled text with different fonts as an HTML file. Instead, they can save it as a PDF document.

Version history

Note: Release dates are ones when updates are announced here, not when updates are actually released at Mac App Store. We make no promise that they will be accepted by iTunes Connect and then released at Mac App Store.

2.2.0 (Released on June 9, 2014)

  1. The user interface is modified to some extent. Now, a splitview houses an input box in one box and other controls in the other box.
  2. The user can now apply bold and/or italic to a string with a given font.

2.1.0 (Released on October 21, 2013)

  1. Fix: The user was not manually allowed to enter a text size smaller than 60.
  2. When the user adds the selected font to favorite font list, a status message will appear at the bottom-left corner of the application window.
  3. Change: The Show button for adding the selected font to favorite font is replaced by a disclosure button.
  4. Change: The Position button for panning text is replaced by a disclosure button, which lets the user position text more easily.
  5. A few other minor changes are done.

2.0.7 (Released on September 7, 2013)

  1. Fix: The user could choose Add Font To Favorite List under Favorite even when the Favorite font list popover was open.
  2. The user can now choose one of 11 font ID colors in Preferences.
  3. The user can now select one of several text colors under Color.
  4. The user can now select the default background pattern in Preferences.

2.0.3 (Released on August 31, 2013)

  1. Change: The user can set a text size as low as 6 points. Previously, the minimum size was set to 8 points.
  2. More fixed font sizes are available in the text size combobox field.
  3. Change: The font ID field was not editable. Now, the user can manually enter a font ID to locate the corresponding font.
  4. A text field appears at the bottom-right corner of the compare-font window. When the user selects a row of styled text, the application sets the corresponding font to this text field.

Trial/Demo version

Click here to download a trial version. Meanwhile, if you regularly review Mac software, you may be eligible for receiving free coupon codes, which can be redeemed at Mac App Store. Click here for more information.

FontsView2 is a product of MacHouse.

This entry was posted in Apple & Mac. Bookmark the permalink.

34 Responses to What’s Coming Up Next? – MacHouse Introducing FontsView2 for Mac OS X

  1. Takafumi says:

    Thank you for your great application, Font View 2. I am using it to make my website.
    (I am Japanese, so my English sometimes makes you bothered.)
    Your app is very easy to use and understandable. However my question is “Can I choose weights of each font?” I can only choose the regular or default weight of font. So, if you have the choice feature, please tell me how to use. If that feature dose’t, I hope you add it.
    Thank you.

  2. たかふみさん、

    FontViewをお使いいただきありがとうございます。私も日本人なので日本語で質問をして頂いてもかまわないですよ。The weight fontというのはboldとかのことでしょうか?もしそうであれば現在のアプリケーションの設定を考えると無理かもしれませんが、ちょっと考えてみます。

  3. Takafumi says:

    Font Viewより簡単なソフトが見つからないので、ぜひウェイトも選べるようにして頂けると嬉しいです。検討のほどよろしくお願いします。

  4. 失礼、「font weight」ですね。

  5. かしこまりました。現在は進行中の仕事がありますが、明日の午後までには終わらせることができますので、その後に検討してみます。

  6. Takafumi says:


  7. Takafumi says:


  8. 複数行ですね。かしこまりました。明日、どこまで改良ができるかを検討してみます。どうぞリクエストがあれば何でもどしどし言って頂いて結構です。個人でソフトを開発していると、自分での目線でしか考えないことが多く、「複数行で入力する」ということも視野になかったと思います。実際、FontsViewは自分が最も良く使う製品のうちで10本の指に入りますが、自分がそのような必要性を感じたことは今までににないと思います。実際に、Version 1ではBoldやUnderlineも使えましたが、Version 2では他の機能を重視していたため、一般のユーザーもそれらを必要としない、と思っていたのでしょう。しかもどなたかが声をあげないと、ユーザーが何を必要としているかはわかりませんし、更には誰もこの製品を使っていないのでは、と思うこともあります。よって他のソフト開発者同様に使っている方からの意見は貴重なものだと思っていますし、リクエストはいつでも喜んで承っています。

  9. たかふみさん、

    昨日はご意見・リクエストをありがとうございました。複数行の件ですが、昨日は忙しかったので、つい詳細を忘れていましたが、実は複数行で入力することができるんですよ。Mac OS XではCntrol + Returnで行をかえます。

    To other users,

    One concern raised by Mr. Takafumi is how to enter multiple lines of text in the input field. In order to start a new line, press Cntrl + Return. So you are able to enter multiple lines of text.

  10. Takafumi says:


  11. たかふみさん、


  12. Takafumi says:

    /Users/Takafumi/Desktop/Fonts View 2 提案.png

  13. たかふみさん、


  14. Takafumi says:


  15. もちろん結構ですよ。こちろのサポートサイトで画像をつけてでチケットを開くか直接junk913@gmail.comに送っていただいてもメールを受け取ることができます。

  16. Takafumi says:


  17. 画像を確かに頂きました。ありがとうございます。

    たかふみさんの要望はわかりました。ただ自分がわからないのはどうしてテキストをそこでセンターリングしたいのか、または行間を調節したいのか、です。どうしてそんなことを自分が知る必要があるかと言うと、アプリケーションの下にdisclosure buttonがあって、そこにあるスライダーを使うことによってテキストの位置を調節できますが、具体にどうしてテキストをセンターリングをしたいのかがわからないと、テキストの位置調整の関わりから、それが可能かどうかもお答えすることができません。

  18. Takafumi says:


  19. たかふみさんの言っていることはわかりますが、どうしてテキストをセンターリングしたいのかがやはり見えてきません。例えば、Xスライダーを50ポイントにします。この50ポイントというのはテキストが表示されている背景の左端から50ポイントなります。それではこの背景と相対してテキストをセンターリングしたのでしょうか?もしそれが要望であるとしても、どうしてそれが必要なのかがわかりません。よって他のFontsView2の使用者にどうしてその機能を追加するのか、を説明をすることができません。

  20. Takafumi says:


  21. たかふみさん、

    メールを拝見しました。なるほど、つまりPNGとしてテキストを画像として書き出す時に必要で、複数行ある場合は全てが左詰めになる、ということですね。やっとどうしてセンターリングをするのか、そして何と相対してテキストをセンターリングをしたいのかがわかってきました。それを考えると、行間の調整をしたい、というご要望もわかります。確かにFontsView2で「Save Text As PNG」からそのような画像を書き出すことは必ずしも不可能ではありません。つまり一つのテキストを改行ごとに複数の行に分け、そして一番広い行を中心にそれぞれの行を書き出していくことになると思います。ただそのような特別な機能をFontsView2で可能にするかは、別件ですね。もう少し時間をかけて考えたいと思います。別アプリでやった方が簡単にできそうですが。


  22. Takafumi says:

    僕はもしその機能を追加してくれるとすごく助かります。参考までに別アプリでそのようなものがありますでしょうか?私見ではありますが、Fonts View 2以外にシンプルで使いやすいものが見つからないのですが…

    このフォントに関してですが、例えばHelvetica Neueの場合、「レギュラー」や「ライト」、「シン」などありますが、そのような変更はできるという解釈でよろしいでしょうか?

  23. たかふみさん、


    さて、現在、更新したFontsView2をテストしていますが、今はboldとitalicのみです。「レギュラー」やその他のスタイルはFontManagerのウィンドウを開いて選択しないと問題が起こるようです。「FontManagerのウィンドー]とはTextEditでCommand + Tで開くものです。


  24. たかふみさん、

    今Mac App StoreにVersion 2.2.0を送ったので、たかふみさんの手元に届くには4・5日ぐらいかかるので少々お待ちいただくことになります。


    ところでもし行間を調整できるFontsView2に似たようなソフトがあるとしたら、たかふみさんはそれをどう使うのでしょうか?行間を調整できて、複数の行がある場合に中央にテキストを配置するようにFontsView2を修正することは可能ですが、それはあくまで英語で言えばnulear optionになります。つまり全て一から作り直した方が手っ取り早くなります。もし目的がテキストをPNGなどの画像として書き出すことのみであれば、きっと4・5日もあれば作れると思います。もし具体的にそのテキスト画像がどういう場面で使われるのかを教えていただければそのようなソフトをつくり気分に繋がると思います。

  25. Takafumi says:

    大 川 様


    Fonts View 2は本当に使いやすいです。そうでなければ使っていません!少なくとも私は一人のユーザーですので、ぜひ今後も素晴らしいアプリを作って下さい。

    Fonts View 2の主な利用目的はWebの作成です。私はWebに関してもエキスパートではないので、無料のものに手を加えているだけです。はじめはHTMLでコードを入力してフォントを表現しようと思ったのですが、ブラウザによっては反映されない事がわかり、全て画像に使用と決めました。その時に背景が透明で、簡単にフォントを画像化できるものを探していました。それがFonts View 2でした。他にもレイヤーを使って作成する事が出来るものもあるかと思いますが、私には難しいのです。Fonts View 2は私にとって一番使いやすいものなのです。

  26. たかふみさん、


    Mac software FontsView2

    上記のTextEditのフォント選択画面を見ると、Familyという列があります。ここにあるものがフォント名としてFontsView2で列挙されます。そしてユーザーがTypefaceを選んだ場合、Objective-Cでは具体的なfont名を引用してテキストをつくります。例えば、font familyでHelveticaを選択し、TypefaceでBoldを選択するとします。その場合のフォント名はHelvetica-Boldとなります。もしユーザーがFontsView2でTextEditと同様のやりかたでフォントを選択すれば他のTypefaceを使うことができるでしょう。しかし現在のFontsView2のフォントの選択方法ではフォント・パネルを経由してフォント名を参照しません。今回更新するバージョンでは他の手法を使って正確なフォント名を引き出しますが、この方法ではbold、italic、condensed以外のフォント名を引き出すことはできません。現在公開されているAPIではこれ以上は無理だと思います。

  27. Takafumi says:

    大川 様

    とりあえず、Ver 2.2.0のアップデートを見させて頂きたいと思います。それからまたフィードバックをさせて下さい。

  28. Takafumi says:

    大川 様


  29. たかふみさん、


  30. Takafumi says:

    大川 様


  31. たかふみさん、


    さて早速ですが、新しいアプリケーションをMac App Storeに送ったのでお知らせします。この「FonVee」というソフトはフォントパネルを使うのでlightやcondensedなどのtypeface(書体)を使ってテキスト画像に書き出すことができます。詳しくはここにある記事をご覧ください。お試し版へのリンクが「Trial/Demo version」の下にあります。このお試し版は18日まで完全版と同様に使うことができます。

  32. Takafumi says:

    大川 様


  33. たかふみさん、


  34. For those who use FontsView2, there is good news and bad news. Bad news is that this application is no longer updated. Good news is that a new software title will soon be available. It’s called FontsView 3, which comes with several new features on top of existing ones from the previous version. Another piece of bad news is that FontsView 3 is not compatible with OS X 10.7 since Apple no longer offers base SDK for 10.7. Those who purchase FontsView 3 will get a 46% off. This discount offer will end in May 31st, 2015. For more information on FontsView 3, please click here.

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Notify me of followup comments via e-mail. You can also subscribe without commenting.