マックで使える製品の紹介:サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW

サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW
Mac product review






ここ10年、アップルのコンピュータに標準で付属されている周辺機器と言ったらゴミばかり。使って数日で壊れるマウスだとか、役に立たないので使わないまま机の引き出しの奥にしまったままのキーボードだとか。マックハウスでも使ったことがないアップル純正のマウスが2つあります。最近のアップルの標準付属キーボードはどうでしょうか?(写真1参照)アルミの本体とBlueToothの無線接続になったと聞くと、使いやすさが向上したようにも捉えられるかもしれません。ところが製品を目前にしてすぐに気づくのが、テンキーがなくなったことです。その他にもDELETE(BACKSPACEではない)、HOME、END、PAGE UP、PAGE DOWNなどのキーも消えてしまいました。それも知らずに新しいマックを買い、仕事をうまく進められず、結局以前のマックに付属の周辺機器を今でも使う人もきっと多いのではないでしょうか。





サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW
写真1: 資料元 – マックハウス






さて、このApple Wireless Keyboardを手にして困っている人の選択と言うと、





  1. 新しいキーボードを買う
  2. 古いキーボードを使う
  3. テンキーを使ってその場を凌ぐ






などが挙げられます。そして3を選ぶ方に紹介するのが、サンワサプライ USBテンキー NT-M5UWです。(写真2・3参照)当サイトでもサンワサプライの製品を最近になって偶然に2点ほど立て続けに紹介していますが、小物のコンピュータ周辺機器に関してこの会社の名前はここ数十年でよく聞くますね。Mac OS X対応のキーボードとテンキーを見つけるのは容易ではないことを考えると、このようなMac OS専用の製品があるのは嬉しいことですね。また価格は意外に手頃で、2,000円以下で見つけることができました。ところで、この製品以外にサンワサプライではNT-M5UH2というマック対応製品も扱っていて、そちらの製品はUSBポートを2機搭載しているだけの違いのようです。 





サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW
写真2: 資料元 – マックハウス
  サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW
写真3: 資料元 – マックハウス






簡単に製品の外観を説明すると、まずUSBケーブルが本体に直結していることが製品を手に取ってわかります。製品のパッケージの裏の説明によると、USBケーブルは長さが80cmです。また本体の重さですが、電池なしのApple Wireless Mouseの重さとほぼ同じぐらいで、かなり軽いです。写真4で裏返しになった製品を見ることができますが、それぞれの隅に小さな固いゴムの足がついています。よって、製品本体は軽いと言っても、乱暴に入力しない限りテンキーが大きく移動することはありません。更に横から本体を見てみましょう。写真5にあるように、テンキーの高さはアップル純正のApple Wireless Keyboardのそれを超えています。また、この写真ではわかりませんが、本体は上に向かって傾斜しています。





サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW
写真4: 資料元 – マックハウス
  サンワサプライ USBテンキー NT-M5UW
写真5: 資料元 – マックハウス






実際に使ってみるとわかるのが以下の点です。





  1. キーを押した感覚が柔らかで、Apple Wireless Keyboardと比べると、ややキーの沈む深さが増していて、またキーの反発(戻った時の力)もやわらかい。
  2. 製品が軽く、裏のゴムも固いために、置かれた物体の表面の傾斜にかなり影響を受ける。






2番目の点は大切です。軽いがために、置かれる物体の表面の状態にかなり影響を受けます。硬くそして平に見える机にこのテンキーを置いても、キーを打つたびにガタガタし、音と振動がします。同じ机の部分でもテンキーの向きで状況が変わります。例えばテンキーを縦に置いた場合本体の左下隅が少し浮いていたり、横に向きを変えると今度は本体の右上隅が少し浮いていたりと。テンキーNT-M5UWが少しでも傾かない表面や本体の向きを見つけるのは容易ではありません。

最後に、このテンキーが対応するOSのバージョンですが、製品のパッケージにはOS 8.6 ~ 9.2.2及びMac OS X 10.0 ~ 10.5とあります。ちなみにSnow Leopard上で使ってみましたが、問題ありません。またインストールするソフトはないので、USBポートにプラグを差し込めば使うことができます。更に、既に立ち上がったマックにテンキーNT-M5UWを繋いでもすぐに使えます。






長所: 打った時と戻ってきた時のキーの感覚が柔らかい。

短所: 本体がとても軽いために、置かれる物体の表面の状態によって悪い影響を受けやすい。キーとキーの間隔があるためにチリやゴミが入りやすい。クリアホワイトの製品の色はどの純正のアップル社製のキーボードの色とも合わない。尚、実際の色はクリアホワイトとと言うよりは少し黄色がかっています。製品の上部が必要以上に大きい。製品上部にあるパワーのあかりが、コンピュータがスリープ状態の間もつきっぱなし。

意見:もしテンキーのなくなったAppleの純正キーボードに困っているとすれば、テンキーだけを購入するのよりもキーボード自体を買い替えた方が良いでしょう。テンキーは補えても、DELETE、HOME、END、PAGE UP、PAGE DOWNなどのキーは補充されないからです。





  • 製品名: USBテンキー NT-M5UW
  • 製造元: サンワサプライ (www.sanwa.co.jp)
  • 製造地: 中国
  • 保証: 「正常な状態でご使用の場合に限り」6ヶ月間保証
  • オンライン販売価格: 消費税込みで ¥2,000前後
  • 対応機種: Mac OS X 10.0 ~ 5、OS 8.6 ~ 9.2.2(Mac OS 10.6/10.7 でも使える)





  • 関連資料

    3 Reasons to Stay Away from Apple Wireless Keyboard (Aluminum Model)






    * ここで紹介する製品はマックハウスが独自で購入したものです。ここで紹介することに対する見返りはどなたからも受けていません。

    This entry was posted in Apple & Mac and tagged , . Bookmark the permalink.

    Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    Notify me of followup comments via e-mail. You can also subscribe without commenting.